第54回入賞作品 中学校の部
佳作

発生回数の決定要因に関する研究(アゲハ編)

佳作

京都府京都市立花山中学校3年
恩庄 美紗貴
  • 京都府京都市立花山中学校3年
    恩庄 美紗貴
  • 第54回入賞作品
    中学校の部
    佳作

    佳作

研究の動機

 アゲハは多化性である。1年に数回、卵→幼虫→蛹→成虫の過程を繰り返す。図鑑によるとアゲハの発生回数は2〜6回/年と幅があり、生息している地方によって異なるようだ。同じ種類のアゲハなのに発生回数が決まっていないことが不思議に思えた。アゲハの発生回数は何によって決定するのだろうか。この疑問を解決するために、私はこれまでに温度、日照時間、湿度、餌の鮮度や硬さ、磁力、紫外線量等、色々な条件を変え、研究してきた。私はこれまでの研究(私がアゲハの研究を始めて8年になる。)で、アゲハは冬の到来を日照時間で知ることを突き止めた。アゲハは蛹の状態で冬越しをする。私たち人間は、大抵温度によって冬の到来を知るが、アゲハは温度が高い夏でも日照時間を短くすると冬が近づいていると思い、休眠状態の蛹になり羽化しないことを突き止めたのだ。つまり、その年の発生は、それ以上しないことになる。アゲハが休眠蛹になる時期の日照時間や温度を明らかにすることにより、京都市における発生回数を明らかにしたいと思い、今回の研究を始めた。

結論と感想

 京都市における発生回数は、私の経験に基づく予測では4回であったが、今回の研究結果から5回であるという結論になった。
 発生回数の決定要因は、温度と日照時間であり、気温が高いと成長速度が速く、短期間で成虫になり産卵する。そして、それを繰り返し、日照時間が幼虫(4齢幼虫)時に11時間/日になると冬に備え、羽化せずに休眠蛹となる。つまり、日照時間が11時間/日になるまでに、どれだけ短期間にサイクルを繰り返すことができるのかがポイントとなることがわかった。
 また、今回の研究で休眠蛹になる決定時期は4齢幼虫時であることもわかった。4齢幼虫といえば、昨年私が発表した研究「過齢幼虫の誘起要因に関する研究(アゲハ編)」において、過齢幼虫になる決定時期は4齢幼虫時だと結論づけた。休眠蛹にしても、過齢幼虫にしても、どちらも4齢幼虫時に決定するようだ。このことからアゲハにとって、4齢幼虫時期は特別な非常に大切な時期であることがわかった。

ページトップへ

  •  
  •  
  • LINE

RECOMMEND

RECOMMEND

おすすめの関連コンテンツ

風と羽根のコラボレーション2 -回って、回って、回って...

文部科学大臣奨励賞
沖縄県沖縄尚学高等学校附属中学校
塚本 真依さん

「すいふよう」の花の色変わり

佳作
岐阜県各務原市立那加第一小学校
石垣 知香さん

究極の200回続くカチカチ振り子を作るぞ

佳作
島根県江津市立津宮小学校
石橋 翼さん

東中の鳴龍の不思議に迫る

佳作
茨城県稲敷市立東中学校理科研究生鳴龍班
黒田 美緑・太田 愛莉さん
  • 2019年度作品募集中
  • 入賞結果と表彰式の様子
  • 自然科学観察コンクール 祝60周年!とくべつ企画
  • シゼコンせんぱい
ENTRY? LINE
ABOUT SHIZECON
自然科学観察コンクールとは?
ENTER SHIZECON
第60回自然科学観察コンクール作品募集
2019年度(第60回)作品募集中