第53回入賞作品 小学校の部
佳作

人はどのように長方形を 認識しているのか?

佳作

兵庫県芦屋市立精道小学校6年
寺地 創之
  • 兵庫県芦屋市立精道小学校6年
    寺地 創之
  • 第53回入賞作品
    小学校の部
    佳作

    佳作

研究の動機

 身のまわりには長方形がいっぱい! テレビも教科書も建物も多くの物が長方形でできています。それに対して正方形はあまりないなと思いました。正方形は1:1だからだれでも同じ比率で描けるけれど長方形だと、どのような比率として認識していて描くのか? という疑問をさぐるためにこの研究をしました。

結論と感想

 ・黄金比に近い長方形を描いた人が少なくそれより大きい比率で描かれているのが意外な結果だった。
 ・たたみなどの比率である1:2に近い長方形を認識している人が多いのは日本人だからかもしれない。

~今後の課題~
 次は外国人を対象にした調査を行い、今回の調査と比べてみたいと思う。


ページトップへ

  •  
  •  
  • LINE

RECOMMEND

RECOMMEND

おすすめの関連コンテンツ

シロツメクサのすみかは公園?

佳作
埼玉県伊奈町立小針小学校 チーム白詰
赤沼 咲音・安味 柚月・奥間 環樹・折笠...さん
  • 2019年度 募集終了
  • 入賞結果と表彰式の様子
  • 自然科学観察コンクール 祝60周年!とくべつ企画
  • シゼコンせんぱい
ENTRY? LINE
ABOUT SHIZECON
自然科学観察コンクールとは?
ENTER SHIZECON
第60回自然科学観察コンクール 募集終了
2019年度(第60回) 募集終了