第50回入賞作品 中学校の部
佳作

トクサの研究
-伝統工芸に見る磨きの技の謎に迫る-

佳作

愛知県刈谷市立依佐美中学校2年
 酒井 康江 他3名
  • 愛知県刈谷市立依佐美中学校2年
     酒井 康江 他3名
  • 第50回入賞作品
    中学校の部
    佳作

    佳作

研究の動機

 夏休みに科学部4人で、つげ櫛体験教室に参加しました。つげ櫛の、普段使っているプラスチックのブラシとは違う滑らかな心地よい櫛通りに驚きました。また、つげ櫛の歯を磨く「歯ずり」という作業を行いました。白い凸凹した紙のようなやすりで櫛の歯をこすってみると、ジャリジャリと音を立てながら木のくずが出てきました。この紙のようなものは何だろうと不思議に思っていると、「トクサ」という植物の茎であることを教えていただきました。私たちは、なぜ「トクサ」で櫛を磨くのか調べてみることにしました。

研究の方法・結果・考察

予備実験

 ヒメトクサ、トクサ、オオミズトクサでバルサ材をこすって観察した結果、トクサやオオミズトクサで木材を磨くことができることが分かった。

追究

1.トクサやオオミズトクサの茎を顕微鏡で観察した。
2.トクサやオオミズトクサの茎でバルサ材の表面を10回こすり、顕微鏡で観察した。10種類の紙やすりでと同様の実験を行いと比較した。磨いた後のトクサ、オオミズトクサ、紙やすりを顕微鏡観察した。
3.静電気測定装置を自作し、トクサ、オオミズトクサ、紙やすりで磨いたバルサ材、磨かないバルサ材の静電気の大きさを測定した。

結果・考察

1)トクサやオオミズトクサの茎には、表皮細胞の細胞壁にケイ酸が蓄積して硬化した透明半球状の小さな突起が規則的に多数並んでいる。この小さな突起で木製品を磨くことができる。
2)トクサは150番の紙やすり、オオミズトクサは320番の紙やすりと同程度の研磨力があることが分かった。
3)トクサやオオミズトクサは、列状に並んだ突起間の溝に木くずをためるため研磨力が低下しないこと、透明半球状の小突起がつぶれたり、欠けたりする現象はほとんど見られないことが分かった。
4)トクサやオオミズトクサで木材を磨くと、静電気が抑制されることが分かった。

バルサ材を磨いた後のオオミズトクサ
列状に並んだ突起間の溝に木くずがたまっていた(40倍)
突起間の溝の様子(40倍)
紙やすりの研磨剤にあたる突起(60倍)
※突起間に木くずが入り込むことはなかった。


ページトップへ

  •  
  •  
  • LINE

RECOMMEND

RECOMMEND

おすすめの関連コンテンツ

水質の変化する要因

文部大臣奨励賞
茨城県稲敷郡茎崎町立茎崎中学校
木村 健 他8名さん

牛久沼環境保全への提言2

文部科学大臣奨励賞
茨城県牛久市立牛久第三中学校
野島 智也さん

ぎんやんまのやごと、 くろすじぎんやんまのやごの...

2等賞
高知県春野町立東小学校
竹崎 駆動さん

1日の中で、青から赤に変わるオーシャンブルーの研究 ...

佳作
愛知県刈谷市立小垣江小学校
平野 綾菜 他3名さん
  • 2018年度作品募集中
  • 入賞結果と表彰式の様子
  • シゼコン Youtube CHANNEL
  • シゼコンせんぱい
ENTRY? LINE
ABOUT SHIZECON
自然科学観察コンクールとは?
ENTER SHIZECON
第58回自然科学観察コンクール作品募集
2018年度(第59回)作品募集中