第49回入賞作品 中学校の部
佳作

水が生み出す真実のパワー ~Part2
~蒸発した水でエンジンは始動するのか~

佳作

茨城県稲敷市立新利根中学校3年 
岡野 人士他4名
  • 茨城県稲敷市立新利根中学校3年 
    岡野 人士他4名
  • 第49回入賞作品
    中学校の部
    佳作

    佳作

研究の動機

 昨年、私たちは、ラジコンカー専用の燃料に約60%の水を混ぜてもエンジンを始動させることができ、水を混ぜると、加速性能は悪くなるが、稼動時間や走行距離を伸ばすことが可能であるという実験結果を得ることができました。そこで、本物のガソリンエンジンを利用し、水のパワーで燃費を伸ばしていきたいと考えました。この研究が新しい燃料の開発に役立つことを願いました。

研究の方法・結果・考察

(1)ラジコンカーを使った実験
1.ガソリンに水を混ぜたときのエンジンの温度
2.エンジンの温度が下がらないようにした時の燃費と加速性能
(2)草刈機を使った実験
3.ガソリンと水が混ざるアルコールの種類
4.ガソリンに溶けるエタノールと水の割合 
5.ガソリンと水が溶ける時のエタノールと水の量の割合
6.ガソリンに作った液体を混ぜた時エンジンはかかるのか
7.イソプロピルアルコールと水を一定の割合で溶かしてガソリンに混ぜた時のエンジンがかかる限界量
8.ガソリンとイソプロビルアルコールを混ぜた時の水が溶ける限界量
9.ガソリンとエタノールを混ぜた時の水が溶ける限界量
10.それぞれの混合ガソリンを使った時の加速性能
11.それぞれの混合ガソリンを使った時の燃費と稼動時間

結果・考察

1)ガソリンとエタノール(イソプロピルアルコール)の量を固定した時に水を30%近くまで入れてもエンジンがかかった。
2)加速性能は純正ガソリンが1番良かった。イソプロピルアルコールと水を混ぜた燃料の回転数は上がらなかったが、それ以外ではさほど変わらなかった。したがって、水を混ぜても条件を整えれば、加速性能をある程度維持することができると考えられる。
3)エンジンが高回転している場合、イソプロピルアルコール+ガソリンでは、水を混ぜた方が約16%燃費が伸びた。
4)低回転の場合は、エタノール、イソプロピルアルコールともに水を混ぜた方がそれぞれ元の燃料の30~45%ほど稼働時間が伸びた。
それぞれの混合ガソリンと稼動している時間の関係

ページトップへ

  •  
  •  
  • LINE

RECOMMEND

RECOMMEND

おすすめの関連コンテンツ

水質の変化する要因

文部大臣奨励賞
茨城県稲敷郡茎崎町立茎崎中学校
木村 健 他8名さん

38℃の日は暑いのに38℃の風呂に入ると熱くないのはな...

文部科学大臣奨励賞
愛知県刈谷市立刈谷南中学校
原田 丈史 他5名さん

牛久沼環境保全への提言2

文部科学大臣奨励賞
茨城県牛久市立牛久第三中学校
野島 智也さん

1日の中で、青から赤に変わるオーシャンブルーの研究 ...

佳作
愛知県刈谷市立小垣江小学校
平野 綾菜 他3名さん
  • 2018年度作品募集中
  • 入賞結果と表彰式の様子
  • シゼコン Youtube CHANNEL
  • シゼコンせんぱい
ENTRY? LINE
ABOUT SHIZECON
自然科学観察コンクールとは?
ENTER SHIZECON
第58回自然科学観察コンクール作品募集
2018年度(第59回)作品募集中