第47回入賞作品 中学校の部
佳作

パウンドケーキのドライフルーツが沈まない秘密

佳作

愛知県碧南市立中央中学校 パウンドケーキ班3年
筒井 敬子 他4名
  • 愛知県碧南市立中央中学校 パウンドケーキ班3年
    筒井 敬子 他4名
  • 第47回入賞作品
    中学校の部
    佳作

    佳作

研究の動機

 私たちはパウンドケーキをよく作ります。パウンドケーキに入れるドライフルーツは一旦水で戻し、小麦粉をつけてから生地に混ぜます。私たちは小麦粉をつけないとどうなるか疑問に思い、小麦粉をつけずに作ってみました。すると、ドライフルーツは小麦粉をつけた物より、下に沈んでしまいました。その秘密を解明するために私たちは「パウンドケーキのドライフルーツに小麦粉をつけると沈まない秘密」という研究をすることにしました。

研究の方法・結果・考察

追究1

小麦粉をつけたドライフルーツと小麦粉をつけないドライフルーツが焼きあがったケーキの中でどのように散らばっているか

実験1 ケーキを1cm幅の切片にし、下から1cmずつにあるドライフルーツを数えた。

実験2 ケーキの切片の気泡を数えた。

追究2

小麦粉をつけたドライフルーツが沈まない理由

実験1 ドライフルーツを水に通し、小麦粉をつけたものとつけないものの表面を顕微鏡で調べた。

実験2 ぬらしたろ紙の表面に小麦粉をまぶし、その下に乾いたろ紙を1枚重ね、表面にインクを1滴たらした。小麦粉をまぶさないろ紙で同様にした。

実験3 液体のりの中に小麦粉をつけたドライフルーツと水に通しただけのドライフルーツを入れて、底に着くまでの時間を測定した。

実験4 ケーキの中のドライフルーツの周りを拡大して観察した。

追究3

ケーキの中にできる気泡の働き

実験1 気泡のある生地と気泡の無い生地を焼き、30秒ごとの生地の温度変化と焼き上がりま での時間を比較した。

結果・考察

 ドライフルーツに小麦粉をつけてケーキを焼くと、ドライフルーツはケーキの中に一様に分布し、気泡が2倍の量で発生する。小麦粉はドライフルーツと生地を隔てる膜になる。小麦粉の膜に含まれる微量の空気がドライフルーツを少し軽くする。それはケーキが焼き上がるまで持続する。気泡の多いケーキは気泡の少ないケーキより速く焼き上がるのでドライフルーツは沈みにくくなる。


ケーキ生地の温度上昇

ページトップへ

  •  
  •  
  • LINE

RECOMMEND

RECOMMEND

おすすめの関連コンテンツ

水質の変化する要因

文部大臣奨励賞
茨城県稲敷郡茎崎町立茎崎中学校
木村 健 他8名さん

牛久沼環境保全への提言2

文部科学大臣奨励賞
茨城県牛久市立牛久第三中学校
野島 智也さん

1日の中で、青から赤に変わるオーシャンブルーの研究 ...

佳作
愛知県刈谷市立小垣江小学校
平野 綾菜 他3名さん

大根のおろし汁で紙は白く強くなるか

オリンパス特別賞
愛知県刈谷市立東刈谷小学校
渡邉 昂暉 他3名さん
  • 入賞結果発表
  • 自由研究のヒント
  • シゼコン Youtube CHANNEL
  • シゼコンせんぱい
ENTRY? LINE
ABOUT SHIZECON
自然科学観察コンクールとは?
ENTER SHIZECON
第58回自然科学観察コンクール作品募集
2016年10月31日応募締切