第52回入賞作品 中学校の部
佳作

ペーパーバズーカの秘密を探る
~音の万華鏡を使って~

佳作

愛知県刈谷市立朝日中学校 チームバズーカ2年・3年
日比 彪斗・髙木 航・濱中 悠佑・杢野 卓司
  • 愛知県刈谷市立朝日中学校 チームバズーカ2年・3年
    日比 彪斗・髙木 航・濱中 悠佑・杢野 卓司
  • 第52回入賞作品
    中学校の部
    佳作

    佳作

研究の動機

 保育園実習の話をしていた中で「ペーパーバズーカ」の存在を思い出した。新聞紙を長方形のままで作れる手軽さもあり、班のメンバーと一緒に作って遊んでいると、大きさや紙質によって、音の大小や高低に変化があるように感じられた。そこで、音の大小や高低はどのような条件で変化するのか知りたくなった。

研究の方法・結果・考察

方法

 オシロスコープなどの既成の機器を使わずに、話し合いながら実験を繰り返し、以下の本実験を導いた。

「ペーパーバズーカが鳴る仕組み」についての実験

(1)折り目をつけた新聞紙と画用紙をそれぞれ左右に引っ張り、折り目を開いた。
(2)折り目が開いた瞬間の、それぞれの紙の様子を観察した。

「ペーパーバズーカの音の大小や高低の条件は何か?」についての実験

 新聞紙、広告、上質紙、障子紙、B紙の大きさを変えて(表1)、ペーパーバズーカを作った。
(1)タンバリンの中心に円を描き、同じ大きさの円をくりぬいた型紙を、その円に重ねて置いた。
(2)型紙の上から砂を振りかけた後、型紙を取りはずした。
(3)タンバリンをスピーカーの中央に置き、破裂音を20発鳴らした。
(4)あらかじめキーボードでタンバリンを振動させ、それぞれの音の高さでできた砂の模様(音の万華鏡)を基準の模様とし、音の高低を測定した。

結果・考察・分かったこと

 ペーパーバズーカの発する音は、折り目が開くときに生じる紙の振動であることが分かった。また、やや小さめのものの方が大きな音が鳴った。大きすぎると振動の波が伝わりにくいからだと考えられる。どの紙でも大きさが小さくなるほど音が高くなった。実験を通して、人の耳に届く音は数値だけではなく、高さにも影響されており、やや高めの音の方がより大きく響いているように感じられた。


ページトップへ

  •  
  •  
  • LINE

RECOMMEND

RECOMMEND

おすすめの関連コンテンツ

水質の変化する要因

文部大臣奨励賞
茨城県稲敷郡茎崎町立茎崎中学校
木村 健 他8名さん

おたまじゃくしのひみつをしらべたよ

2等賞
静岡県富士市立富士南小学校
杉山 萌さん

牛久沼環境保全への提言2

文部科学大臣奨励賞
茨城県牛久市立牛久第三中学校
野島 智也さん

1日の中で、青から赤に変わるオーシャンブルーの研究 ...

佳作
愛知県刈谷市立小垣江小学校
平野 綾菜 他3名さん
  • 入賞結果発表
  • 自由研究のヒント
  • シゼコン Youtube CHANNEL
  • シゼコンせんぱい
ENTRY? LINE
ABOUT SHIZECON
自然科学観察コンクールとは?
ENTER SHIZECON
第58回自然科学観察コンクール作品募集
2016年10月31日応募締切