第48回入賞作品 中学校の部
佳作

意外に鈍感!
-ナメクジモデルの塩に対する感じ方-

佳作

茨城県立霞ヶ浦聾学校中学部2年
岡野 伸之
  • 茨城県立霞ヶ浦聾学校中学部2年
    岡野 伸之
  • 第48回入賞作品
    中学校の部
    佳作

    佳作

研究の動機

 小学生の時、ナメクジに塩をかけたことがある。その時、ナメクジがだんだん小さくなって弱って死んでしまった。家の玄関にいたナメクジに水をかけて追い出した時には、ナメクジは死ななかった。なぜ、塩をかけると死んでしまうのか、少しの塩でも死んでしまうのかを知りたいと思った。

研究の方法・結果・考察

ナメクジモデルと野菜の塩による暴露

 ナメクジは生き物なので実験に使用することはできない。ナメクジモデルとして動物からササミとアサリを選んだ。また、野菜からはキュウリとナスを試料とした。

試料を約10gはかりとり、塩をそれぞれ0.1~1.5gまぶした。
一定時間経過した後、試料を飽和食塩水で洗い、計量した。野菜は飽和食塩水に通さなかった。試料の塩に対する感じ方(感受性)を比較し、試料がどれだけちぢんだかを知るために、ちぢみ率を計算した。ちぢみ率(%)=塩で暴露した試料の重さ(g)÷元の試料の重さ(g)×100(数値が小さいほどちぢみは大きい)

ナメクジモデルと野菜の砂糖による暴露

サケ・ササミ・キュウリを試料とし、それぞれ5gはかりとり、砂糖をそれぞれ0.1~1.5gまぶした。
一定時間経過した後、試料を濃い砂糖水で洗い計量した。野菜は濃い砂糖水に通さなかった。
ちぢみ率を計算した。
結果・考察
1) 試料は、塩をまぶしたときも、砂糖をまぶしたときも水分が出てきた。塩・砂糖の濃い方へ、塩・砂糖の濃度が低い方から水分が移動することが分かった(インターネットで浸透圧について調べた)。ナメクジが塩をかけられて小さくちぢんでいったのも、浸透圧によるものだと考えられる。
2) 野菜は動物の肉よりも塩・砂糖への感じ方( 感受性) が激しく、ちぢみが大きい。したがって、野菜は少量の塩でも塩ふりの効き目がある。動物の肉はちぢみが小さく、塩・砂糖に対する反応がゆるやかだ。



ページトップへ

  •  
  •  
  • LINE

RECOMMEND

RECOMMEND

おすすめの関連コンテンツ

トンネルの研究

佳作
千葉県千葉市立花園中学校
島田和さん

寒天をもっと分解してみよう

佳作
石川県金沢大学人間社会学域学校教育学類附...
荒井成美さん
  • 入賞結果と表彰式の様子
  • 第58回自然科学観察コンクール
  • シゼコン Youtube CHANNEL
  • シゼコンせんぱい
ENTRY? LINE
ABOUT SHIZECON
自然科学観察コンクールとは?
ENTER SHIZECON
第58回自然科学観察コンクール作品募集
2016年10月31日応募締切